タラバガニの食べ方をボイル、生、活それぞれ詳しく解説します。

タラバガニの食べ方

タラバガニの食べ方

 

タラバガニの美味しい食べ方は、代表的なもので3通りあります。

  • カニ鍋(かにしゃぶ、かにすき、かにちり)
  • 焼きガニ
  • そのまま食べる  です。

自宅でタラバガニを食べるときは、購入先がスーパー、通販で冷凍されたタラバガニを購入することが多いと思います。

 

もちろん、生きたタラバガニを通販で購入して調理する方もいるとは思いますが、
ここではまず冷凍のタラバガニの解凍から食べ方までを説明します。

 

生きた活タラバガニの調理の仕方も後半で説明します。

 

冷凍タラバガニ解凍方法

冷凍のタラバガニには、産地で茹でたあと急速冷凍されたボイル冷凍と、生きたカニをそのまま冷凍した生冷凍の2種類があります。

 

解凍はしっかりとした手順で行わないと、せっかくの美味しいタラバガニの味を損ねてしまうので正しい方法で解凍しましょう。

冷凍ボイルタラバガニの解凍方法

タラバガニの食べ方

いくら冷凍されていると言っても、カニは鮮度が命ですので、注文する時には調理する前日ぐらいに届くように調整するといいです。

 

解凍は常温ではなく冷蔵庫で低温解凍します。

 

タラバガニをそのまま冷蔵庫に入れるのではなく、乾燥を防ぐために新聞紙とキッチンペーパーで包み込み、
水切りパットに載せ、水切りパットごとビニール袋に入れてしまいます。

 

これはボイルされたカニのエキスが流れ出るのを防ぐのではなく、カニの表面についている氷(グレース)が溶け出してくるからです。

 

カニを保管する時には、甲羅を下にします。

 

これは解凍とともにカニ味噌が溶け出して、カニ身に混じってしまうからです。

 

しかし、大半のボイルガニはカニ味噌が入っていると鮮度が落ちやすいのと、タラバガニのカニ味噌は正直おいしくないので、ほとんどの会社がカニ味噌を抜いて出荷しています。

 

解凍時間は大きさによって異なりますが、タラバガニ一杯なら約24時間、カットされたタラバガニの脚なら約18時間を目安にして下さい。

 

食事の時間までに間に合わない時には、タラバガニをビニール袋にいれて流水解凍します。

 

このときの時間はカニ一杯なら約1時間、脚などの場合は約30分ぐらいが目安です。

 

室内での常温解凍も短時間で解凍できますが、身がパサパサになってしまうので注意してください。

冷凍 生タラバガニの解凍方法

生冷凍のタラバガニは食べる直前にビニール袋に入れて流水解凍します。

 

生冷凍は時間の経過とともに痛みやすいので短時間で解凍できる流水解凍がおすすめです。

 

カニ鍋にするのなら解凍時間は半分ぐらいで、半解凍ぐらいでOKです。

 

 

生、ボイルどちらにもいえることですが、いくら間に合わないからといって電子レンジで解凍するのは絶対にやめてくださいね。

 

ドリップが出てカニの旨みやエキスが表面から流れ出てしまうからです。

 

また、解凍したその日のうちに全部食べるのならいいのですが、残す場合には食べる分だけを解凍するようにしましょう。

 

一度解凍したカニを余ったからと再冷凍すると身がパサパサになってしまい味が落ちてしまいます。

 

また生のカニはボイルされていないので、そのまま保存することはできません。

 

保存する場合は解凍後、すぐに加熱調理します。

 

一度ボイルしてしまえば冷蔵庫で2日、冷凍庫で30日ぐらいは保存できます。

 

(冷蔵庫または冷凍庫にしまう場合は必ず冷ましてからにしてくださいね)

 

生タラバカニボイル方法

  1. タラバガニが入る大きさの鍋を用意します。
  2.  

  3. 蟹が覆いかぶさるくらい水を入れ沸騰させます。
  4.  

  5. 沸騰させたお湯に塩を入れます。
  6.  

  7. 塩の量はお湯1リットルに対し大さじ2杯〜2杯半弱(30g〜40g)ぐらいです。

    (3%〜4%の塩水)

  8.  

  9. 塩を入れ再沸騰したお湯の中にカニを入れます。
  10.  

  11. 茹でる前にカニ味噌が全身に流れでないように取り除いておきます。

    (タラバガニのカニ味噌は美味しくありません)

  12.  

  13. タラバガニがお湯からはみ出さないように落し蓋を使います。

    落し蓋がない場合はアルミホイルで代用できます。

  14.  

  15. ボイル時間は1.5kg以下であれば 20〜25分、1.5kg〜2.5kgであれば25〜35分が目安です。
  16.  

  17. カニを入れるとお湯の温度が下がるので、しっかりと強火で再沸騰させます。
  18.  

  19. 途中で差し水をしてお湯の温度を下げてしまうと、タラバガニが黒ずんで仕上がりがきれいな色にならないこともあるので注意してください。
  20.  

  21. 茹で上がるとカニの表面に白いカスがついているので、それをしっかりと水で洗い流します。
  22.  

  23. 流し終わったら5分〜10分ぐらい放置して蒸気を逃がしてから食べるようにします。

 

通販で購入した場合は説明書が添付されているので事前に読んでおきましょう。

 

ボイルガニの食べ方

ボイルされたタラバガニの一番のおすすめの食べ方は、そのまま剥いて食べることです。

 

もちろん、かにしゃぶ、焼きガニでもいいのですが、すでに一度ボイルされているので、
2度加熱することで身が固くなることと、1回目のボイルでエキスがある程度流れ落ちているので、カニ鍋などで生のカニを使用したときよりもカニの旨味が出にくいからです。

 

ボイルガニはカニを知り尽くしたプロフェッショナルが茹でているので、絶妙の塩加減でプリプリの歯ごたえが味わえます。

 

そんなせっかくの味が二度加熱することで身の締まりが損なわれてしまいます。

 

ボイルガニは解凍してそのまま食べるのが、一番美味しく食べる方法なんです。

 

生タラバガニの食べ方

カニ鍋

タラバガニの食べ方

鍋に入れるまえに少し甲羅に切り目を入れておくと美味しい出汁が出やすくなります。

 

かにすき

濃いめの昆布や醤油ベースの出汁を使い、基本的に豆腐や野菜と一緒にカニを鍋に入れそのまま食べます。

かにちり

出汁は薄い味付けで、昆布で取ったり、ごく薄い味付けをしただし汁にカニを入れ、薬味と酢醤油(ポン酢)で食べます。

 

かにちりの「ちり」はお湯につけると「チリチリ」と縮む様子から名前がついたと言われています。

かにしゃぶ

出汁と薬味、酢醤油(ポン酢)は「かにちり」と同じなのですが、使用するカニは生でも食べられるぐらいの鮮度が良いカニを使用します。

 

だし汁が煮えた鍋にカニを数回くぐらせて火を通しポン酢につけて食べます。

 

かにしゃぶは、姿ガニではなくかにしゃぶ用のポーションタイプを購入したほうが、手間もないし食べごたえも堪能できます。

焼きガニ

タラバガニの食べ方

産地では七輪や魚焼きグリル、焼き網などを使って焼くのが一般的ですが、一般家庭ではホットプレートがお勧めです。

 

ホットプレートにアルミホイルを敷いて、少し水を加えて蒸すように焼くとより美味しく食べられます。

 

強火で15分かかります。

 

焼きすぎると身が固くなってしまうので、様子を見ながら焼くようにして下さい。

 

生タラバガニは、自宅で蒸したり茹でたりする手間を考えたら冷凍のまま調理できる焼きガニが最も適しています。

 

生タラバガニを解凍したら、カニをキッチンバサミなどを使って半むきにします。

 

殻を全部剥いてしまうと、カニの殻を焼いた時の香ばしさを味わえないばかりか、せっかくのカニの旨味であるカニ汁が流れてしまいます。

 

カニの殻が器となることで情緒も味わえます。

 

活タラバガニの調理の仕方

タラバガニの食べ方

茹で方は生タラバガニと同じですが、鍋に入れる前に足を輪ゴムやヒモでしっかりと束ねておきます。

 

束ねておかないと、沸騰した鍋にカニを入れるとカニがもがいて暴れたりします。

 

また、「自切」といって、カニが自分の足を自ら切り落としてしまうこともあります。

 

これはカニが敵に遭遇した時にハサミで足を自ら切り落として逃げる習性があるためです。

 

「自切」が起こると、その傷口からカニの旨味エキスが流れ出てしまいます。

 

また、それだけでなく塩分も体内の身に広がり風味を損ねてしまいます。

 

ですので、活タラバガニを茹でる前にはしっかりと輪ゴムやヒモで足を固定させてください。

 

活タラバガニの刺身

タラバガニの食べ方

せっかくの活タラバガニですから刺身も味わいたいですよね。

 

そんな場合は、茹でる前に足をキッチンバサミなどを利用して胴体から切り離しておきます。

 

この時に根元から切り離してしまうと、前述したように胴体を茹でるときに根元からカニの旨味エキスが流れ出たり、
塩水が広がりやすくなるので、胴体に穴を空けないように切り取ります。

 

切り離した足にキッチンバサミで殻に切れ目を入れ、切れ目から指を入れて殻をこじ開けます。

 

殻から身を取り出したら、しゃぶしゃぶの要領で、3〜5秒程度、熱湯にくぐらせた後、カニ酢につけて召し上がってください。

 

カニ酢でなくてもわさび醤油でもいいですね。

 

そのへんはお好みです。

 

カニ酢は酢2・しょうゆ1・ダシ1で混ぜ、塩や砂糖で味を整えます。

 

タラバガニは足だけでなく胴体にも身が詰まっているので、お好みで胴体から取り出して生で食べてもいいです。

 

食べきれない場合は必ず加熱してから保存するようにしてください。

 

タラバガニの剥き方、さばき方

北海道旭川市に会社がある最北の海鮮市場さんが丁寧な解説をしています。

 

写真つきで、とても分かりやすいので、タラバガニの剥き方、さばき方はそちらを参考にするとよいでしょう。

 

タラバガニの食べ方最北の海鮮市場 タラバガニの剥き方、さばき方

 

一部写真を載せておきます。(こんな感じです)

 

足を切り離す

タラバガニの食べ方

のふんどし(前かけ)を外す

タラバガニの食べ方

甲羅を外す

タラバガニの食べ方

えらを取り外す

タラバガニの食べ方

足の殻にハサミを入れる

タラバガニの食べ方

 

YouTubeの動画解説も載せておきます。
参考にしてみてください。

 

タラバガニ 食べ方、剥き方、捌き方の動画解説

Yahoo!ショッピングで蟹専門店を開設している「かに仁」さんのYouTube動画を元に文字起こししました。
動画を見ながら、見たあとに読み返して見てください。

ボイルタラバガニの殻むき方法

とっても簡単なボイルタラバガニの殻むき

 

 

まず始めに、脚をばらします。
肩肉の部分を切り落とします。
逆にして南蛮の部分も切り落とします。

 

関節の部分から約1〜2cmのところにハサミで切れ目を入れます。
反対側にも切れ目を入れます。
切込を入れたところを持ってパキッ!と

 

パキッと折れないときは、ハサミで殻をチョキン!
するするする〜!!
お見事!

 

先ほど切り落とした南蛮部分も同じようにハサミで切れ目を入れます。
反対側もチョキン!
パキッ!!

 

今度はうまくいきました。
肩肉は両サイドにハサミを入れて
プリッと剥きます。

 

完成!

 

小型のカニでも簡単です。
ぜひ一度お試し下さい。
ハサミや殻で手を切らないように気をつけて下さい。

生タラバガニの殻むき、焼きガニ調理方法

 

 

凍った状態の生タラバガニ。
水を浸して半解凍にします。

 

スチロールから水が漏れる場合がありますので、漏れても大丈夫な場所で解凍してください。

 

流水で2回程、水を入れ替える。
お急ぎの場合は、ぬるま湯で。
表面の氷がとれて半解凍になりました。

 

一本ずつ、すでにカットしてあります。
半解凍の目安はカニの関節を曲げてみて曲がるくらいです。
では、さっそく殻をむいていきましょう!

 

両サイドに切込を入れます。
切れ目がうまく入っていない場合は、軽くハサミを入れてください。
殻の色が濃い方を上にして、南蛮(脚の先の方)を切り落とします。

 

反対側の肩肉(ダキ)も切り落とします。
殻と殻の間になハサミを入れて、筋を切ります。
チョキン!チョキン!チョキン!

 

パカッ!
ペリペリペリ!
きれいに剥けました♪

 

次は先ほど切り落とした南蛮(脚の先の方)部分
両サイドに切れ目が入っていますので、色が濃い方の殻を剥きます。
ハサミでチョキン!

 

完成!

 

最後は肩肉
あれ!?
まだ、少し凍っているみたいです。

 

そんな時は水に浸けて、(流水でも良いです)
もう少し解凍しましょう!
肩肉も両サイドに切れ目を入れてあります。

 

肩肉は焼くと、殻から身が取れにくくなるので、さらに切れ目を入れておいた方が良いです。
2本の切れ目の中間にも、さらに切れ目を入れておきます。
4本の切れ目になりました。

 

完成!

さあ、ホットプレートで焼いてみましょう!

とっても香ばしい匂いがしてきました♪
大きさによりますが、食べごろは約10〜15分程が目安

 

半透明のカニ身が白く変わった頃が食べごろです。
(撮影時は、【中火180℃でフタをして、約10分】)

 

焼きすぎると旨みエキスが流れ出して、身がかたくギュッとなってしまいます。
冷めてもギュッと身が縮んでしまいます。
アツアツのカニ身をハフハフしながらでお召し上がりください。

 

ボイルタラバガニとは、また違ったフワフワホクホクの生タラバ蟹身をたっぷりとご堪能ください!
タラバガニは殻がかたく、トゲも痛いので、調理の際はハサミや殻で手を切らないようにお気をつけてください。

 

 

カニ通販ランキング:TOPページ

タラバガニの食べ方をボイル、生、活それぞれ詳しく解説します。関連ページ

子持ちタラバガニ
かに通が探し求める子持ちタラバガニ通販の紹介です。子持ちタラバガニ1尾で内子、外子、ふんどし、カニ身と4つの味が味わえます。