カニのふんどしは通の味!捨てないで!「絶品前菜」として有名です。

カニのふんどしは通の味!

カニのふんどし

 

カニを姿ガニで購入した時には、是非、ふんどしを捨てないで召し上がってください。

 

カニのふんどしは、1杯のカニに1つだけしか付いてなく、とても貴重なだけでなく、とても珍味なんです。

 

基本的には、産地の漁師たちや、良質のカニを提供している高級旅館でしかカニのふんどしを味わうことができませんが、

 

1杯のカニをフルコースで食べる時の「絶品前菜」として通の間では有名です。

 

漁師さんやカニ通の中では、カニ身よりもふんどしが好きだという声も聞きます。

 

カニのふんどし

 

カニのふんどしは、カニのお腹側にある三角形の部位のことを言います。

 

位置している場所から、ふんどしという名前が付いたようですが、「前掛け」「はかま」と呼ばれることもあります。

 

ふんどしは、毛ガニ、ズワイガニ、タラバガニなど、どのカニにも付いています。

 

カニ身と一緒に、カニ味噌が付いている時もあるし、メスのカニの場合は卵が付いている時もあります。

 

一般消費者がよく間違えるのが、ふんどしとエラを間違えることです。

 

場所は違うのでわかるとは思うのですが、エラは食べてはいけないというイメージがあるので、ふんどしもそうだと思い込み、捨てている場合が多いようです。

 

カニのふんどしは親指で三角形の頂点をグッと中に押し込んで引っ張り出せば簡単に取り出すことができます。

 

漁師さんが船上でしている人気な食べ方は、マヨネーズと和えたサラダです。

 

でも、そのまま食べても美味しいです。

 

カニ身よりも弾力性が高く、噛むごとにカニの味わいが口の中に広がります。

 

タラバガニと毛ガニのふんどしを食べ比べると、タラバの方が弾力性が高く、毛ガニはタラバよりもあっさりしています。

 

この記事を読んで、ふんどしに興味を持たれた方、今までカニ通を自称していたけれどふんどしは知らなかったという方は、

 

是非、良質なカニが手に入ったら食べてみることをおすすめします。

 

カニ通販ランキング:TOPページ