毛ガニの漁獲時期

毛ガニといえば北海道というイメージが強いですが、実は日本海側では能登半島周辺、太平洋側では宮城県沖でも漁獲されます。

 

北海道近海では地図にあるように一年中漁ができます。

毛ガニ

ただし、漁獲場は季節ごとに移動し、春はオホーツク海、夏は噴火湾、
秋は釧路および根室沿岸、冬は十勝沿岸と移動します。

  • 3〜5月(海明け・流氷明け)・・・オホーツク産(沙留、枝幸、雄武など)
  • 6〜8月・・・胆振産(噴火湾など)
  • 9〜11月・・・道東産(広尾・釧路など)
  • 12〜2月・・・日高・道東産(襟裳、白糠、広尾、釧路など)

 

毛ガニは最大で甲長12pまで成長し、雄の方が大きくなり、全体的にずんぐりで、
淡い赤褐色をしています。

 

甲羅はあまり硬くはなく、短い剛毛が密生しています。

 

毛ガニの呼び名はこの短い剛毛から来ています。

 

毛ガニの漁獲方法は籠漁が中心ですが、他のカニと比べると育つのに時間がかかるため、資源保護の観点から漁獲が制限されています。

 

甲長8cm以上のオスしか漁獲が許されていません、

 

さらに漁の船の隻数や水揚げ量、1隻あたりのカゴの数などが細かく決められています。

 

メスの毛ガニは、抱卵期間が1年以上続くこともあり漁獲を禁止されているので、市場には流通していません。

 

ただし、毛ガニにそっくりなクリガニ(別名サクラガニ)やトゲクリガニのメスは漁獲制限はありません。

 

毛ガニ

【毛蟹

【くりがに】

 

毛ガニよりは小さく身入りも少ないですが、身の量さえ気にしなければ、安くて美味しい毛ガニ(そっくりさん)の希少なメスを食べることができます。

 

毛ガニもクリガニもクリガニ科に分類されるカニの一種です。

 

 

毛ガニはズワイガニやタラバガニと比べると体が小さく可食部分も少ないですが、

 

身に甘みがあり食味が非常に美味で、
最大の特徴はカニ味噌の量が多いことです。

 

【関連記事】毛蟹の偽物「くりがに」

 

毛ガニのおすすめ!

毛ガニ 通販 おすすめ

 

毛ガニは脱皮を繰り返すことで「若」「若上」「若極上」「堅蟹」と呼び名が変わっていきます。
一番高品質な毛ガニは、脱皮してからの時間経過が長く身がギュッとしまっている「堅蟹」です。

 

 

北海道の地場でも希少価値で通販市場にはめったに出回らない「堅蟹」1Kg以上の希少毛ガニがおすすめです。

 

蟹味噌と身のバランスが良い毛ガニは600gサイズ以上からです。

 

 

400gサイズの毛ガニは蟹味噌好きには最高の大きさです。
蟹味噌も楽しめて身入りも十分あります。
ただ、このサイズの毛ガニは蟹味噌の当たりを楽しむためにも複数個買いをおすすめします。

 

 

カニは通常は、発送前に浜茹でしたカニを冷凍で送るのがほとんどですが、
期間限定ですが、一度も冷蔵(チルド)で送ってくれる通販会社もあります。

 

 

冷凍だと悪徳業者だと大きく見せるためにグリースと呼ばれる鮮度保持用の氷膜を分厚くしたり、
グリース込みの重量を表示したりして消費者をごまかすことがあります。

 

 

また、毛ガニはボイル(茹であげ)時に2〜3割目減りし、解凍時にも目減りします。
悪徳業者はできるだけ重く見せる為に、ボイル前の重量表記をするケースもあります。

 

冷蔵(チルド)で送られてくる場合はこんな心配が必要がありません。

 

ただし、ここで紹介しているカニ通販会社は冷凍でも、こんな行為は一切おこなっていないので安心してください。

 

(悪徳業者と比較すると重量と価格の単純比較では割高に見えるかもしれません。)

*グリース
茹であげた後に、冷凍焼けが起きない特殊な塩水を塗る作業
非常に手間の掛る作業で、加工業者の技術水準がよくないと、
身がパサパサし臭みのある毛ガニになってしまいます。

 

★今が旬!流氷明け毛ガニ(活蟹、ボイルも取り扱っています)
>>チルド毛ガニの通販会社「かにまみれ」

 

 

★『流氷明け 黄金毛ガニ』 チルド 季節限定!
>>流氷明け 黄金毛ガニ【北海道産 堅蟹】

 

 

★北海道長万部産 毛ガニを買えるのはここだけです。
>>長万部産の黄金毛ガニ【美食市】
毛ガニ 通販 おすすめ

 

 

★魚介の宝庫オホーツク 雄武の毛ガニ
>>雄武の毛ガニ【カニの浜海道】
毛ガニ 通販 おすすめ

 

毛ガニの簡単な調理方法!

毛ガニを捌くのには準備が必要です。

 

@キッチンばさみor包丁
毛ガニを切ります。できたらキッチンばさみの方がやりやすいです。

 

A軍手or厚手のゴム手袋
毛ガニのトゲで毛がをしないためです。

 

Bまな板
毛ガニを切るために必要です。

 

写真は、北海道長万部産の黄金毛ガニで有名な【美食市】のHPからの引用です。

 

毛ガニ

1、怪我を防ぐために用意した軍手をはめて、キッチンばさみを用意します。
足の付け根にハサミを入れ、本体から切り離します。

 

毛ガニ

2.カニ味噌が流れ出ないように甲羅を下に向け、ふんどし(腹部の三角の部分)をめくり、ハサミで切り離します。

 

毛ガニ

3.腹部と甲羅をしっかりつかみ、甲羅をはがします。
続けて、抱き身側の身や味噌を甲羅に移します。

 

毛ガニ

4.脚の付け根から導体中央にかけて伸びている「ガニ」とよばれるエラをハサミで切り落とします。
「ガニ」は食べれません。

 

毛ガニ

5.抱き身に付いている目や口もガニ同様食べれません。目や口を切り取ったああと、半分に切ります。

 

毛ガニ

6.抱き身は、脚の股から輪切りにすると食べやすいです。
脚は食べやすいようにハサミを入れます。

 

 

動画もご覧ください

 

新鮮なカニみそは、甘く濃い味がします。そうです、ウニのような味です。

 

古くなると苦くなるので、カニ味噌は新鮮な内に召しあがって下さい。

 

ゆでたてだと、甲羅を外すとツユが溜まっています。

 

これをすすると、とても美味しいですよ。

 

 

カニの身は、そのまま食べてもいいですし、三杯酢につけて食べるのも美味しいです。

 

「かにつゆ」も市販されているので、お好みでお召し上がりください。

 

 

カニ通販お取り寄せ:カニ通販ランキング:TOPページ


page トップ

毛ガニの特徴、通販おすすめ記事一覧

タラバガニには、アブラガニという、そっくりなカニがあることは一般にも知れ渡りましたが、毛蟹にそっくりな偽物「くりがに」については、ほとんどの人が知らないのではないでしょうか?毛蟹の正式名称は「オオくりがに」ですから、「くりがに」と似ていても不思議はありません。同じ種類だから見分けがつかないかというと、見た目で見分けることができます。【毛蟹】【くりがに】毛蟹は甲羅が少し縦長の四角形で、すが「くりがに...