カニは体に悪い?

カニ 体に悪い

 

カニは体に悪い?

 

いえ、結論からお話しますが、カニは健康にも美容にもとても良い食物です。

 

実際、カニを健康目的、美容目的で購入している人が増えています。

 

関連記事を含め、この記事を読み終えるころには、あなたもそう思うかも?

 

でも、実際そういう人達が増えているんです。

 

これからデータ数値もまじえ他の食品と比較しながら詳しく説明します。

カニが体に良い理由

カニは他の魚と比べても、高タンパクで低カロリーです。
脂質や糖分はほとんど含まれず、タンパク質は良質な成分が15〜20%も含まれています。

 

カニはたくさん食べても脂肪や脂質が体に定着しにくく、満腹感を感じるほど量を食べても摂取したカロリーは少なく抑えられています。

 

ですので、カニは美味しいだけでなく、カロリーが低いのでヘルシーなことと、それでいて栄養成分が豊富な食材として有名です。

 

筋肉や内臓の組織を作るために必要な成分が多く含まれ、体に吸収しやすいことも特徴です。

 

また、女性にとっても嬉しい肌や髪を美しくするビタミンB群も豊富に含まれています。

 

また、カニの殻にはキトサンが含まれています。

 

有名な化粧品メーカーや、大手製薬会社がキトサン入りに美容食品、健康食品を販売していることからも効果は実証されています。

 

他にもカニには栄養ドリンクなどでよく耳にする馴染みのある成分、タウリンも多く含まれています。

 

とは言っても、気になるのがコレステロール、プリン体ですよね?

 

カニはとても美味しいけれど、昔から食べ過ぎると痛風になるとか言われて、カニは体に悪いと言われてきました。

 

それで、ここではカニのコレステロール、プリン体について詳しく調べてみました。

 

カニのアレルギーについても解説しています。

 

特にコレステロールやプリン体が多く含まれているカニ味噌について、別記事で詳しく説明していますので、そちらもご覧ください。

 

【関連記事】カニ味噌のプリン体含有量、コレステロール値

 

カニの栄養(コレステロール、カロリー、プリン体)

カニのコレステロール値

よくカニのコレステロール値は高いと言われていますが、本当でしょうか?
昔からカニはコレステロールが高く痛風になると言われていましたが、カニのコレステロール値について調べてみました。

 

=参考資料:食品(魚介類)100g当たりのコレステロール含有量(mg)=

食品 含有量 食品 含有量 食品 含有量 食品 含有量
するめ 980 桜えび・素干し 700 えび(干しえび) 510 すじこ 510
キャビア 500 いくら 480 カニ味噌 460 たらこ(焼) 410
かに缶 70 かに(ずわいがに) 61 かに(毛がに) 53 かに(たらばがに) 53

以上のように、カニのコレステロール値は全然高くないことがわかりました。

 

どうしてカニのコレステロール値が高いという噂が広まったのでしょうか?

 

不思議ですね?

カニのカロリー値

カニのコレステロール値が低いことはわかりました。
では、カロリーは、どのくらいの値なのでしょうか?
カニのカロリー値も調べてみました。
=参考資料:食品(魚介類)100g当たりのカロリー(kcal)

食品 含有量 食品 含有量 食品 含有量 食品 含有量
豚バラ 386 すじこ 282 いくら 272 豚ロース 255
カニミソ 183 魚肉ソーセージ 161 さつま揚げ 139 うに 120
毛がに 83 たらばがに 80 かに缶 73 ずわいがに 69

以上のようにカニのカロリーもとても低い事が分かりました。

 

 

表には載せませんでしたが、鶏ささみが60kcal/100gです。
ダイエット食、健康食としてよく取り上げられる鶏ささみと、ほぼ同じカロリーです。

 

つまりはダイエット食にちょうど良い食材ということです。
ダイエットするにはカニを食べるといいですよ。
少し高価なダイエット食になりますが。

 

また、肉類などはそのままで食べません。
必ず焼肉ならタレを、豚肉や鶏肉は油を使って揚げたりします。

 

タレやソース、油にも結構なカロリーが含まれています。
カニは、刺身、塩ゆでなど、そのままで食べたりします。
またカニ鍋などではポン酢につけたりしますが、ポン酢はタレやソース、油と比べてもとてもカロリーが低いです。

 

カニはカロリーが低い健康食、ダイエット食と言えます。

カニは痛風の元?

前述しましたようにカニは食べ過ぎると痛風になると言われていましたが本当なのでしょうか?
痛風の原因になるのはプリン体ですが、カニのプリン体の含有量を調べてみました。
=参考資料:食品100g当たりの総プリン体含有量(mg)=

食品 含有量 食品 含有量 食品 含有量 食品 含有量
ニボシ 746.1 鰹節 493.3 干物マイワシ 305.7 大正海老 273.2
オキアミ 225.7 カツオ 211.4 マイワシ 210.0 明太子 159.3
鶏肉ササミ 153.9 カニ味噌 152.2 鶏肉手羽 137.5 タコ 137.3
ズワイガニ 136.4 タラバガニ 99.6 牡蠣 184.5 はまぐり 104.5

以上のように、カニのプリン体も全く問題ないことが分かりました。
問題ないというよりも他の食品が意外とプリン体の含有量が多い事がわかり驚いています。

 

今までの結果からカニはとても健康に良い食品だということがわかったわけですが、どうして今までカニに関して栄養面で悪い噂が出ていたのでしょうか?

 

私なりに考えてみました。
大人の知恵でカニは美味しいけれども高価なので、あまり食べ過ぎないようにと子供に行ったのが広まったのではないかな?
と勝手に思っています。

 

以上がカニ身の栄養に関してですが、カニ味噌はまた少し栄養面で異なるので、詳しくはこちらをご覧ください。

 

カニ 体に悪い カニ味噌のプリン体含有量、コレステロール値

 

カニの甲羅に含まれる成分

カニの甲羅には、体の免疫力を高めたり、コレステロール値を下げたり、脂肪が溜まるのを防ぐ効能が確認されている「キチン質」が含まれています。

 

「キチン質」はカニの甲羅に含まれるキチンやキトサンに多く含まれています。

 

高分子キトサンは、胃液に溶けることもなく腸を通過するのですが、この時に腸の中もキレイにしてくれるので、痩せやすくなり代謝もできて、肌にも良いとされています。

 

キトサンには血圧やコレステロールを下げる働きや体の治癒力を高め免疫力を強くしてくれる効果もあります。

 

さらにはガン、肝炎、アレルギー疾患、糖尿病、腎臓病、心臓疾患、 白内障、神経痛などにも効果があるといわれ、生活習慣病を未然に防ぐことが期待できます。

 

またカニの殻はカルシウムが豊富に含まれているので、骨粗鬆症の予防にも効果があります

 

とはいっても、カニの甲羅はそのままでは食べることができません。

 

ですのでカニの甲羅に熱いスープを入れながら食べるとか、
鍋に甲羅を入れて出汁をとることで甲羅の栄養成分を摂るとよいでしょう。

 

>カニに含まれるタウリン

他にもカニはタウリンを多く含んでいます。

 

タウリンはアミノ酸の一種ですが、栄養ドリンクなどでよく耳にする馴染みのある成分ではないでしょうか。

 

タウリンには血圧を正常にして心肺機能を強化する働きがあり、さらには貧血の予防、悪玉コレステロールの減少、肥満症の改善にも効果があります。

 

さらにカニには強い抗酸化作用を持つアスタキサンチンという成分を含むカロチン色素を保有し、この成分が加熱することで赤く変色をしビタミンAに変化することで、動脈硬化や老化を抑える効果があります。

 

カニのアレルギー

カニは食品のアレルギー表示7品目に含まれています。

 

主にカニの肉に含まれている、タンパク質の一種であるトロポミオシンがアレルギー反応を引き起こします。

 

アレルギー症状としては、じんましんや呼吸困難、嘔吐などがあげられます。

 

さらには血圧低下も加わり全身に症状が急速に現れるアナフィラキシーショック症状を引き起こすこともあります。

 

カニアレルギーは、事前に血液検査や皮膚検査で確認することができます。

 

心当たりがある方は、検査を受けておくことをおすすめします。

 

カニアレルギーは甲殻類アレルギーの1種なので、カニでアレルギー反応が出た場合は、海老を食べてもアレルギーが出ることがあるので注意してください。

 

カニ通販ランキング:TOPページ

カニ味噌を食べるとプリン体が多いから痛風になる、コレステロールが多いから太る健康によくない、カドミウムが含まれているから健康に良くないとか、いろいろな噂が出ていますが実態はどうなのでしょうか?本当にカニ味噌は体に良くないのでしょうか?まず、その前にカニ味噌とはいったい何なのでしょう?カニ味噌はカニの脳みそ?カニ味噌はカニの脳ではありません。カニは脳にあたる神経はありますが、脳みそはありません。カニ味噌は「中腸線」と呼ばれるカニの臓器です。人間でいう肝臓と膵臓の働きを併せ持っています。カニは肝臓と膵臓が別々になっておらず一緒になっています。脂肪やグリコーゲンを豊富に持っていて、いわゆる「レバー」にあたります。カニ味噌の色の違いカニ味噌は、そのカニの生息地で食べていたものによって色や味が変わります。海藻を多く食べているカニ味噌は黒っぽく、海貝類を多く食べていたカニはオレンジ色をしています。カニ味噌が美味しいカニは?タラバガニと花咲ガニはカニではなくヤドカリの仲間でカニ味噌は加熱しても固まりにくく通常一般には食用にされません。カニ味噌が美味しいのは味噌が濃厚な毛蟹が挙げられます。あとは、ズワイガニ、ワタリガニ、上海蟹です。チューチュー吸ったり、ホジホジほじったり、それぞれの楽しみ方があります。カニ味噌を食べると体に良くない?カドミウムが含まれている?カニ味噌には「カドミウム」が大量に含まれていることがあります。カドミウムは公害でよく知られているイタイイタイ病の原因として有名ですがカニに含まれているカドミウムは公害ではなく、自然由来です。カドミウムは天然にもたくさん存在し、特に火山国である日本は特に多いです。生息地の海が工場排水などで汚染されていると、その毒素はカニの肝臓、いわゆるカニ味噌に蓄積されます。これは貝類や秋刀魚などのように臓器も一緒に食べてしまう魚介類にも同じことが言えます。けれども、きちんと排水基準が守られている日本であればその心配はほとんどありません。カニ味噌を食べると痛風になる?カニ味噌にはプリン体が多く含まれています。プリン体には痛風の素となる成分が多く含まれているので痛風の人は控えた方がいいでしょう。ちなみにプリン体は、エビ・イクラ・ビール・数の子などにも多く含まれています。=参考資料:食品100g当たりの総プリン体含有量(mg)=食品含有量食品含有量食品含有量食品含有量煮干し746かつお節493あん肝酒蒸し399干し椎茸379鶏肉レバー312イサキ白子305真イワシ干物305豚肉レバー284大正エビ273牛肉レバー219カツオ211真イワシ210サンマ干物208クルマエビ95牡蠣184カニ味噌152カニ味噌のコレステロール値は高い?高い食材のトップクラスにランキングされているので、食べる量はほどほどに。=参考資料:食品100g当たりのコレステロール含有量(mg)=食品含有量食品含有量食品含有量食品含有量たまご(卵黄)1400するめ980たたみいわし710桜えび・素干し700ピータン680フォアグラ650すじこ510キャビア500うずら卵(水煮缶)490フォアグラ650すじこ510カニ味噌460以上、心配な内容が続きましたが、カニ味噌は毎日食べるのなら別ですが、1ヶ月に50gまでなら日本の基準値の許容範囲に収まります。50gというと結構な量ですよ。