カニの解凍方法

カニの解凍方法

カニ通販業者からカニを購入すると、活カニなどチルド(冷蔵)で届く商品以外は、ほとんどが冷凍で届きます。

カニの解凍方法

冷凍はカニが漁獲されたら早い段階で船上で冷凍されたり、浜の加工場で急速冷凍がかけられますが、ボイルした後に冷凍されたり、生のまま冷凍されたり販売形態によって加工処理方法は違います。

 

冷凍はカニの鮮度を保持するのに必要な処理ですが、冷凍のカニを食べるには、解凍を上手く行うことが重要で、この解凍処理が上手くできないと、せっかくの美味しいカニの旨味が半減することもあります。

 

カニは解凍しすぎると、旨味と一緒に水分が抜け出し身がパサパサになってしまいます。

 

逆に解凍しすぎが心配だからと、解凍時間が短かすぎるとシャーベット状態で食べることになってしまいます。

カニを美味しく食べる解凍方法を解説します。

まず、カニは解凍時間も考慮にいれて配達日を決めるようにしましょう

ボイルカニ姿の解凍方法

解凍方法には、常温解凍、冷蔵解凍がありますが、美味しく食べようと思ったら冷蔵解凍するようにしてください。
常温解凍は冷蔵解凍よりも解凍時間は短くすみますが、ドリップが多くせっかくのカニの旨味も流れ出てしまいます。

 

冷蔵解凍もドリップは出ますが、常温解凍と比べたらぐっと少ないです。
例えば、解凍する時には新聞紙でカニを包むのですが常温解凍では新聞紙を3〜4回交換する必要があるほどドリップが出るのに比べ、冷蔵解凍では1回の取替でOKなぐらいに差があります。

 

冷蔵解凍するためにも、冷蔵庫が満杯だとカニが入りませんので、配達される日に合わせて冷蔵庫内を整理してスペースを確保するようにしておきましょう。

解凍するのに必ずする事

カニを解凍する時には、必ずお腹を上にして甲羅を下にして解凍します。
甲羅を上にして解凍すると、ドリップと一緒にカニ味噌が流れ出てしまうからです。

 

カニを乾燥させない。

解凍している間に水分が蒸発するので、乾燥を防ぐ工夫をしないと身がパサパサになってしまいます。
オススメは新聞紙で包むのがいいかと思います。
キッチンペーパーや、タオルなどでも問題ありません。

 

周りを汚さない

解凍する時には、カニの下にドリップした水分を受ける皿またはバットを用意します。
適したものがなければ新聞紙を重ねて敷いても大丈夫です。
むしろ新聞紙の方が、処分すればニオイが残らないのでオススメです。

 

解凍は8分目

カニは完全に解凍するのではなく8分目が一番オススメです。
8分目というと難しいですが、冷蔵庫の解凍時間で約半日〜1日です。

 

冷蔵庫の庫内温度にもよりますが、1日解凍しても表面に氷が残っていることがありますが、中身は解凍されているので、表面の氷を手で取り除けば大丈夫です。
これぐらいが食べているうちに、程よい感じで解凍されます。

 

カニ味噌に近い足の付け根部分は身が詰まって溶けにくいですから最初に食べるよりも後半に持ってきた方がいいです。

解凍したカニが残った場合

カニは解凍をしないで冷凍のままの状態なら、家庭用冷凍庫でも1ヶ月くらいは大丈夫ですが、解凍したあとは冷蔵保存でも2日が限度です。
解凍した後に食べきれなかった時には、甲羅がついたまま保存するのではなく、身を取り出してラップにくるんで保存します。

 

カニ通販ランキング:TOPページ

カニの解凍方法記事一覧

電子レンジでの解凍方法

電子レンジを使う場合は、最後まで解凍しないのが原則です。というのは、電子レンジで最後まで解凍してしまうと、ドリップが出てカニの旨みやエキスが表面から流れ出てしまうからです。急いでいる時でも電子レンジを使う場合には最初の初期解凍だけにとどめておいて後は冷蔵庫内での自然解凍がベストです。◆脚の解凍凍った...

≫続きを読む