松葉ガニとは

松葉ガニとは?他のカニとの違いを説明します

松葉ガニ

松葉ガニは、ズワイガニのことですが、漁獲される地域により、
ズワイガニをブランド化する傾向があり、消費者に誤解を与える場合があります。

 

 

同じズワイガニなのに、どうしてブランド化するのか?

 

ズワイガニにはオピリオ種とバルダイ種と紅ズワイの3種類があります。

 

 

紅ズワイは名前の通り、茹でる前から赤いズワイガニですが、
紅ズワイはブランド化はされておらず、何処の漁港で水揚げされても紅ズワイです。

 

 

ブランド化するのは、オピリオ種とバルダイ種で、松葉ガニはパルダイ種です

 

しかし、同じ種でも魚場によって味が違い
特に日本海のズワイガニは味が良いとされているために、ブランド化が進んでいるのです。

 

 

ロシアで水揚げされ北海道にくるカニは、
オピリオ種とバルダイ種と2種類ありますが、安価なズワイガニはオピリア種です。

 

バルダイ種は、北朝鮮で水揚げされロシアに行き、それから日本に輸入されるのですが、
同じ日本海で育っているために、身の詰まり具合もよくおしいですが、
やはり日本近海で獲れるカニにはかないません。

 

松葉ガニは、山陰地方(兵庫県北部、京都府北部、鳥取県)
で漁獲されるズワイガニを松葉ガニと呼びます。

 

有名な漁港では兵庫の香住、柴山、浜坂、津居山や京都の間人、
浅茂川や鳥取県の網代、浜坂港などがあります。

 

 

京都の間人は、近年、間人(たいざガニ)と呼んで、
松葉ガニとは違う独自のブランドで売り出しています。

 

ブランドを徹底させるために、各漁港ごとに識別用のタグをつけて、
何処の漁港で水揚げされたものか、わかるように管理はキチンと行われています。

 

 

各産地ごとに、品質管理は徹底していて、同じ漁港で漁獲された蟹でも、
品質が劣れば識別用のタグをつけることはできません。

 

タグはプラスチック素材が多く、漁獲した漁船名、所属漁港が明示されています。

 

松葉ガニ通販

松葉ガニは現地の旅館か販売所で購入するのが一般的でかに通販で販売している会社はありません。

 

しかし、鳥取県の浜坂港の漁場協同組合と提携している 「活×2カニ.com」なら唯一松葉ガニを通販で届けてくれます。

 

漁獲されたばかりの新鮮な松葉ガニが活きたまま届けられます。
保存がきくように冷凍された生ズワイガニの発送もしてくれます。
松葉ガニ産地直送!超新鮮な松葉ガニのお取り寄せ通販【いきいきかにどっとこっむ】

 

松葉ガニ

 

松葉ガニ情報 最高競り値

ズワイガニの漁が2016年11月7日に解禁され、獲れたばかりのズワイガニの初競りが鳥取市の鳥取港でありました。
そこでなんと雄のズワイガニ(松葉ガニ)1匹に130万円の値が付きました。

 

松葉ガニは昨季から「五輝星(いつきぼし)」のブランド名を付け、甲羅幅が13・5センチ以上、重さ1・2キロ以上など五つの基準を設けているのですが、

 

この130万円で競り落とされた蟹も、
甲羅幅が14・5センチ以上、重さ1・28キロ以上など五つの基準を満たし堂々たる「五輝星(いつきぼし)」です。

 

競り落としたのは鳥取市内の中村商店で、10月21日に最大震度6弱を記録した地震で県内の産業が落ち込んでいるので、少しでも鳥取県のPRになればと競り落としたそうです。

 

【写真】130万円の松葉ガニ
五輝星(いつきぼし)

 

カニ通販ランキング:TOPページ


page トップ