タラバガニ

タラバガニの特長から生息地、食べ方などを紹介します。

タラバガニ

タラバガニの名前の由来は、生息域がタラの漁場と重なることから来ています。

 

タラの漁場は(鱈場「たらば」)と呼ばれ、
タラバガニは古くは「鱈場蟹」と呼ばれていました。

 

甲羅の幅は25センチもあり、脚を広げると1メートルを超える大型甲殻類です。

 

しかし、生物学的分類ではヤドカリ上科に属します。

 

甲羅は丸みがあり前方にとがった五角形をしていて中央にH型の溝ができていて、
H型の中央の区画に6つの突起物があります。

 

タラバガニと間違えられたり、タラバガニの偽物と言われる
タラバガニにそっくりなアブラガニは、
ここの突起物が4つだから、知っている人ならば、
すぐ区別が出来るので覚えておくといいです。

 

もちろん、アブラガニをタラバガニと偽って販売する事は、日本では禁止されています。

 

塩茹でや蒸しガニとして流通することが多く、日本では半透明の生身を刺身で
食べることもありますが、加熱したものよりは旨みは薄いです。

 

 

タラバガニはズワイガニと比べると体全体が大きく足がとても太く大振りな身が魅力的で
食べごたえもありますが、味は淡泊で大味です。

 

そのため、カニを食べたという満足感は得られますが、
カニ本来の旨みはズワイガニの方が味わえます。

 

その為、タラバガニはカニ鍋にして食べると良いとされています。

 

カニで美味しい所はカニ味噌ですが、残念ながら
タラバガニはカニ味噌は、ほとんどないので食べることはありません。

 

産地は、根室などの北海道以北、ロシア、ノルウエーで漁獲されます。

 

日本における主な漁場はオホーツク海で、沖合底引き網や刺し網で漁獲されます。
昔は、漁獲したものを船上で缶詰までに加工していました。

 

過酷な労働条件で話題になった蟹工船ですね。

 

もちろん、現在はそんな労働環境ではありません。

 

近年、乱獲により生息数が減少し価格も上昇傾向にあります。

 

さらに大きいタラバ蟹も取れなくなってきています。

 

今までのような時代はもう終わろうとしています。

 

今なら間に合います。今年はお腹いっぱいタラバガニを食べてみませんか?

 

 

そのままボイルタラバで、軽く炙って焼きタラバも乙です。

 

 

⇒タラバガニのかにまみれ通販はこちら

 



 

siteトップへ


page トップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


タラバガニ記事一覧

タラバガニの調理方法

数ある蟹の種類の中で最も大きな蟹のタラバガニの殻の剥き方、調理方法を紹介します。Yahoo!ショッピングで蟹専門店を開設している「かに仁」さんのYouTube動画を元に文字起こししました。動画を見ながら、見たあとに読み返して見てください。ボイルタラバガニの殻むき方法とっても簡単なボイルタラバガニの殻...

≫続きを読む

子持ちタラバガニ

子持ちタラバガニは、昨年まではカニ通販会社で「最北の海鮮市場」だけが唯一取り扱っていたのですが、今年は取り扱っていません。他のカニ通販会社、楽天市場、Amazonなども調べてみたのですが、どこも取り扱っていませんでした。そこで、カニの種類は違うのですが、タラバガニと同じヤドカリ科の内子外子が絶品の子...

≫続きを読む