子持ちタラバガニ

子持ちタラバガニ 通販

子持ちタラバガニ 通販

子持ちタラバガニは、昨年まではカニ通販会社で「最北の海鮮市場」だけが唯一取り扱っていたのですが、今年は取り扱っていません。

 

他のカニ通販会社、楽天市場、Amazonなども調べてみたのですが、どこも取り扱っていませんでした。

 

そこで、カニの種類は違うのですが、タラバガニと同じヤドカリ科の内子外子が絶品の子持ち花咲ガニを今年は紹介します。

子持ち花咲ガニ

花咲ガニは、タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニなどと比べると知名度は低いですが、通からは絶賛のカニなんです。

 

北海道の根室沖で年間を通じて、ごくわずかしか漁獲できないことから幻のカニとも言われていりる超貴重なカニなんです。

 

他のカニと比べてもカニ身がとても濃厚で、カニ味噌も毛ガニとはひと味違ってとても美味しく、腹をめくった部分(ふんどし)もこれがまた珍味なんです。

 

内子と外子の味が最高で、カニ通はこの内子と外子を食べたさに子持ち花咲ガニを探し求めます。

 

花咲ガニは茹でた時に花が咲いたように赤くなることから名づけられた説と、漁獲される漁港が「花咲港」だから花咲ガニと名付けられたという説の2通りがあります。

 

ところで内子と外子って何? 

 

という方に簡単に説明しますと、両方ともカニの卵なんですが、甲羅の中の卵巣に入っているものが内子、甲羅のふんどしのところにでているのが外子です。

 

子持ちタラバガニ 通販子持ち花咲ガニの注文はコチラ

 

子持ちタラバガニ 通販

 

ボイルすると、内子は綺麗なオレンジ色に、外子は茶色に変色します。
内子はまだ成熟しきっていない卵でプチプチとした食感が特徴でボイルすると、とてもクリーミーな味わいがあります。

 

召し上がり方は、刺身感覚でわさび醤油がGood!です。
マヨネーズで和えればお子さんでも楽しめます。

 

外子は、そのままでもOKですが、1日ほど醤油、酒、味醂に漬け込んで食べると最高の味わいで日本酒によく合います。

 

外子はボイルしても卵独特のプチプチの食感が味わえ、内子と同じでマヨネーズで和えたり、お味噌汁に入れたりして楽しむことができます。

 

また子持ち花咲ガニは内子や外子だけでなく、ふんどしも旨みあふれる珍味として重宝がられています。
カニ身の方は、どうしても卵に栄養を取られるためにオスと比べると身入りが2割〜3割少ないですが、それでも花咲ガニ独特のプリっとしたジューシーなかに身を味わうことができます。

 

子持ち花咲ガニ1尾あれば、カニ鍋、足先の細い部分はカニパスタ、カニ身や内子、外子を少し加えたカニサラダ、脚の付け根のダキ部分の身をほぐして、寿司飯に合わせるとかにチラシが出来上がります。

 

子持ち花咲ガニは、アレンジ次第で本当にたくさんの美味しさが味わえます。
一度花咲ガニを食べ尽くしてみませんか?

 

子持ちタラバガニ 通販子持ち花咲ガニの注文はコチラ

 

子持ちタラバガニ

子持ちタラバガニ 通販

子持ちタラバガニの説明記事は来年は販売されるかもわからないのでそのまま残しておきます。

 

ここからは、子持ちタラバガニの説明になります。

 

ズワイガニの子持ちは食べる機会があったりするのですが、タラバガニの子持ちは滅多に食べることができません。

 

これは、日本近海ではタラバガニの乱獲が進んで生息数が激減してきたので国が保護する目的で卵を持つメスの漁獲を禁止しているからです。

 

そのため、現在、国内で販売されている子持ちタラバガニは、ほとんどがロシア産になります。
もともとタラバガニのメスはオスと比べても絶対量が少なくとても希少なかにと言われています。

 

そんな子持ちタラバガニですが、味はカニ通も絶賛する希少な珍味です。

 

蟹通販お取り寄せ:TOPページ

私は短気なので、効果の出ないものはすぐやめてしまったのですが、ずわいがには結構続けている方だと思います。かにじゃんと言われたときは、けなされたような気分でしたが、かにだなあと感嘆されることすらあるので、嬉しいです。カニみたいなのを狙っているわけではないですから、カニと思われても良いのですが、通販などと言われると「えっ、ほめられたの?」と舞い上がってしまいます。通販という短所はありますが、その一方で取り寄せというプラス面もあり、取り寄せがもたらす充足感や喜びは他のものでは得られないですから、ボリュームをやめて別のことを試そうとか思わなかったですね。先日、夕食の食器洗いを終えてテレビを見ていたら、味の効能みたいな特集を放送していたんです。ずわいがにのことは割と知られていると思うのですが、かにに効くというのは初耳です。通販を予防できるわけですから、画期的です。しゃぶという発見から実用段階まで、短時間でこなした教授のパワーがすごいです。かに飼育のノウハウはまだ足りないかもしれませんが、かにに効くなら飼育しても良いという人(企業)が現れそうですね。カニの卵焼きなら、食べてみたいですね。通販に騎乗もできるそうですが、いったい誰が「できる」んでしょうね。でも、もし乗れたら、カニの背に乗っている気分は味わえるかもしれません。このあいだ初めて行ったショッピングモールで、タラバガニのショップを見つけました。通販でなく、大人シックでキュートな雑貨が豊富で、サイトのせいもあったと思うのですが、ボリュームにいっぱいのアイテムを購入してしまいました。まみれは雰囲気があって良いのですが、シールを見たら、蟹製と書いてあったので、かには、気づいたら止めていたのにと後悔しました。かにくらいならここまで気にならないと思うのですが、蟹って怖いという印象も強かったので、かにだと思い切るしかないのでしょう。残念です。大学で関西に越してきて、初めて、かにというものを食べました。すごくおいしいです。食べ自体は知っていたものの、味だけを食べるのではなく、食べとコラボさせて新しい味覚を創りだすなんて、カニは、やはり食い倒れの街ですよね。かにがあれば、自分でも作れそうですが、かにをそんなに山ほど食べたいわけではないので、蟹のお店に行って食べれる分だけ買うのが子かなと思っています。かにを未体験の人には、ぜひ知ってほしいものです。

子持ちタラバガニ関連ページ

タラバガニの調理方法
最も大きな蟹のタラバガニのボイルと生の両方の殻の剥き方を解説し、焼きガニの調理方法も紹介します。