越前ガニとは

越前ガニの特徴を紹介します。

越前ガニ

越前ガニは、福井県沖で水揚げされる、ズワイガニの雄のことをいいます。

 

越前ガニは、ズワイガニに中で、ズワイカニ中のズワイガニ、蟹の王様ともいわれています。

 

越前ガニは、甲羅が15pほどで、脚を伸ばすと70〜80pもあります。

 

生まれてから親になるまでに8〜10年かかります。

 

 

越前ガニの特徴は、身があまく引き締まり、カニ味噌はもちろん、
脚の食べごたえは抜群で、中でも棒肉が最高の味を持っています。

 

カニの中では、最高級品種にはいります。

 

 

越前ガニのもう一つの特徴は、甲羅に黒いブツブツがついていることです。

 

この黒いブツブツは、美味しく育つ海域にのみ生息する虫で、
この虫ががついていることが越前ガニの証明であり、美味しさの証明でもあるのです。

 

福井県沖で獲れるズワイガニの雌は、越前ガニとは呼ばず、「せいこがに」と呼ばれます。

 

雄よりも小ぶりで甲羅の幅は7〜8cmです。

 

メスはお腹に卵を持っていて、きれいなオレンジ色をしている未受精卵の「あかこ」と
暗い赤色でワイン色の受精卵「くろこ」があります。

 

カニ味噌は、またおいしく、通が喜ぶ要因にもなっています。

 

ブランド化したカニは漁獲港ごとに判別できるようにタグがついていますが
越前ガニのタグは越前ガニのブランドマークが入った黄色のタグが脚につけられています。

 

越前ガニの漁獲時期は決められていて、毎年11月初旬から翌年の3月下旬頃までです。

 

その時期になると、日本海に季節風が吹き出し、越前ガニの底引き網漁が盛んになります。

 

それ以外の時期に出回る越前ガニは冷凍品です。

 

漁獲期の終わりごろの3月下旬に出回る越前ガニは、水がにとか、すぼがにと呼ばれ、
脱皮した直後のカニで、値段も安くなりますが、身があまりつまっていなく水っぽいです。

 

 

越前ガニを通販しているかに通販業者はありませんが、松葉ガニの通販なら、
浜坂港の漁場協同組合と提携している 「活×2カニ.com」から取りよせることができます。

 

漁獲された獲れたての松葉ガニを活きたまま発送してくれます。
松葉ガニ(ズワイガニ)漁が解禁以外の期間でも冷凍になりますが生ズワイガニを送ってくれます。

 

越前ガニ産地直送!超新鮮な松葉ガニのお取り寄せ通販【いきいきかにどっとこっむ】

 

越前ガニ

 

カニ通販ランキング:TOPページ


page トップ