蟹の刺身に適した蟹

蟹の刺身に適した蟹

蟹の通販ですが、少し前まではボイルした商品しか販売されていませんでしたが、最近は生で食べられる蟹も販売されるようになりました。

 

また、カニ通販の表示で生と書いてあるので刺身でも大丈夫かと思いきや刺身では食べられない商品も数多く出回っているので、カニを刺身で食べるときには表示には十分に注意してください。

 

刺身で食べられる生の蟹はこちらで販売しています。

 

>>ズワイガニの刺身、毛蟹・花咲ガニの刺身、取り扱い蟹専門店

 

冷凍の生蟹は刺身で食べられる?

生と表示されていても刺身では食べられません。

 

つい生と表示されていると刺身でも大丈夫かと思いがちですが、これは絶対にしないでください。
前述のカニ通販サイトで表示しているように刺身でもOKと書かれていない限り、絶対に生で食べないでください。

 

生冷凍と表示されていても加熱して食べるのが基本です。

 

魚に例えると、鮭やタラの切り身と同じ感覚と思ってください。

ボイルでも生食用の表示

某スーパーでは、ボイルがしてあるのに「生食用」と表示がしてあるケースもあります。
つまり、ボイルしてあるので解凍すればそのまま加熱することなく食べられるという意味だそうです。

 

ちょっと表示に問題ありそうな気もしますが、こんな表現もあるので本当に蟹を刺身で食べようと思ったら信頼できるショップから表示をよく確認して購入するようにしてください。

加熱する蟹を生で食べてしまった場合

よく注意しているつもりでも業者によっては加熱が必要な説明を小さく書いているのでつい見落として生で食べてしまうケースもあるようです。

 

まず心配なのが寄生虫ですが、蟹の凍結はマイナス30度以下で行うので、寄生虫は死滅するので寄生虫による食中毒の可能性は低いです。
後は鮮度ですが、食べてから30分〜2時間経ってもお腹が痛くならなければ大丈夫です。

 

食中毒であれば、発熱、下痢、嘔吐などの症状がでます。
食あたりなら、下痢をしたりお腹が痛くなりますが1日で回復します。

 

そんな心配をすることがないように、繰り返しますが表示をよく確認してから召し上がるようにしてください。

 

蟹の刺身は割高?

刺身だから割高ということではなく、例えばポーションなどは殻などが取り除かれているので、姿カニの重量と比較をすると高く感じられます。

 

カニの殻の重さは、ズワイガニ、タラバガニ、毛蟹など、共通して
身と殻の割合が4〜4.5:6〜5.5です。

 

*殻には食べられないガニも含みます。

 

>>ガニ(エラ)を食べるとどうなる?

 

単純に約半分以上が殻なので、刺身は姿カニの倍の値段がついてもおかしくはないです。
そして殻などを取り除く手間も考えると、妥当な値段で、どのショップでも販売している事がわかります。

 

>>カニ通販お取り寄せサイトTOPへ

 

 

蟹の刺身に適した蟹関連ページ

カニの刺身
蟹の刺身を食べるには刺身で食べるカニの選び方や調理の方法が大事です。刺身用のカニを選ばないと、雑菌や寄生虫の検査が行われていませんので安全とはいえません。
蟹の刺身を取扱う蟹専門店
蟹の刺身を扱う蟹通販専門店は数少ないですが、その中でも安心、信頼できる蟹の刺身を取扱う専門店を調べてみました。
カニの刺身 通販種類
カニの刺身は通販ではなかなか取り扱いが少ないですが、その数少ない業者が取り扱っているカニの刺身の種類を紹介します。
かに刺身 通販「活毛蟹」
かに刺身を通販で取り寄せることができます。蟹の旬な時期に産地の料亭やt旅館にいかないと食べることができなかった毛蟹の刺身を堪能できます。
かに刺身 通販「本ズワイガニ」
かに刺身を通販で取り寄せることができます。蟹の旬な時期に産地の料亭やt旅館にいかないと食べることができなかった蟹の刺身を堪能できます。