蟹通販詐欺手口

カニカニ詐欺

蟹通販詐欺手口

蟹通販詐欺のことを「カニカニ詐欺」と呼んだりします。

 

カニカニ詐欺とは、蟹通販会社や北海道や北陸の水産会社をかたる人物から、電話が突然かかってきて蟹の購入を無理矢理
推し進める行為です。

 

電話で強引に購入契約をさせられたり、断ったにもかかわらず、
蟹が勝手に送られたりします。

 

しかし、そんな時に慌てないで下さい。

 

そんな時の対処法を詳しく説明します。

 

蟹通販詐欺手口

突然電話がかかってきて、一方的に「蟹は好きですか?」「 超お値打ち価格で蟹を購入できます」
などと、購入をせまり、数日後に代金引換で商品が届くというのが一般的な手口です。

 

当然、見も知らない人からの突然の電話ですから断る人が大半ですが、
断ると突然、脅しに変わったりします。

 

そして、強引に契約をさせようとするのです。

 

断っても品物を送りつけてくる悪質な業者もいます。

 

一度でもネットで購入したことがある人は要注意です。

 

多いのが楽天の名前を語る手口です。

 

「以前、蟹を購入していただいた楽天ですが。」と電話がかかってきます。

 

あるいは、以前、蟹を実際に購入した会社のフリをして電話がかかってきて、
再度、購入依頼をすると、質の悪い蟹を送りつけてきます。

 

 

どうして購入履歴がわかるのか不思議ですが、リストがどこからかで漏れている可能性もあります。

 

 

それとも、当てずっぽうが偶然当ってしまったかです。

 

まず、まっとうな販売業者は電話をかけてくることはありません。

 

まして楽天では絶対にありません。

 

 

もし「怪しい」と思ったら、以前購入した通販サイトに連絡を取って見ましょう。

 

 

それで、詐欺か詐欺でないかわかります。

 

商品が届いても受取を拒否する

 

購入を断ったにもかかわらず、代金引換で商品を勝手に送りつけてくることがあります。

 

そんな時は、受け取りを断乎拒否します。

 

宅配のドライバーにはっきり「受け取れません」と言いましょう。

 

 

生ものだからと、一度代金を払って、後で何とかしようと思っても返金の手続きが面倒なうえ、
送り主がわからない連絡先などになると、返金は難しくなります。

 

代金引換以外で商品が届いた場合

代金引換以外で商品が届く場合があります。

 

商品にはこんな風に書かれています。

 

「○○日以内に商品の返還が無い場合は、購入したものとみなします」とか、
「購入しない場合はその理由を通知して下さい」
と書かれています。

 

もともと、断ったのに送りつけられてきた商品なの無視して大丈夫です。

 

しかし、後々のトラブルを回避するためにも、直ぐに返品した方が良い場合もあります。

 

 

返品ができなくても、あるいは返品しなくても、契約が成立していない商品は
受取から14日たった後なら勝手に処分しても大丈夫です。

 

あるいは、業者に商品を引き取るように請求した日から7日後からは、
同じように勝手に処分してもかまいません。

 

蟹は生鮮品だけれどクーリングオフができる?

 

生鮮品は2009年前までは、クーリングオフ対象外でしたが、それ以降は法律が改正されて
蟹でもクーリングオフできるようになりました。

 

一旦、契約を結んで代金を支払ってしまってもクーリングオフができます。

 

商品を開封した場合でもOKです。

 

当然、業者は蟹はクーリングオフできません。と言いますが大丈夫です。

 

蟹はクーリングオフができます。

 

 

クーリングオフの期間は、契約書類を受け取った日から8日間です。

 

契約書類がなければ、いつでもクーリングオフすることができます。

 

自分でできない時は消費者センターへ

 

蟹通販詐欺の業者は、当然、その道のプロです。

 

素人が1人で対処しようと思っても無理があります。

 

そんな時には1人で悩まずに、すぐに消費センターに連絡して、専門家と相談して下さい。

 

全国消費者センター消費者ホットライン
0570−064−370(ゼロ・ゴー・ナナ・ゼロ 守ろうよ、みんなを)

蟹通販お取り寄せ:トップへ


page トップ


蟹通販詐欺手口関連ページ

カニカニ詐欺の手口
カニカニ詐欺の手口と対処法を教えます。これをしっかり読んで、カニカニ詐欺にあわないようにして下さい。
カニ激安通販の手口
カニ激安通販の手口を暴露します。激安という言葉は魅力がありますが危険です。どうして危ないのか詳しく紹介します。