花咲きガニ

花咲ガニは、幻の貴重なカニです!

花咲きガニ

蟹の旬は冬だと思われがちですが、花咲ガニの旬は3月から9月です。

 

漁獲期は、漁協によって違いますが、釧路で3月15日から7月31日まで、
根室では7月から9月までです。

 

年間通じて、ごくわずかしか獲れない幻の貴重な蟹の花咲蟹。
普通は北海道でしかたべられないですが「かにまみれ」なら年間通じて購入することができます。

 

花咲蟹花咲蟹の注文はコチラ

 

花咲ガニは、カニと名前が付いていますが、タラバガニと」同じ「ヤドカリ科」です。

 

カニの中では大きい方ですが、タラバガニほどではありません。

 

甲羅は後部中央が凹みハート型のような形をしています。

 

タラバガニよりは体のとげが長く、足は太く短いです。

 

花咲ガニの名前のいわれは2つあります。

 

一つは漁獲地の根室の地名である「花咲」を取った説と、
茹でた時に赤くなって花が咲いたように見える為に、花咲ガニと名付けられたという説の二通りです。

 

また、花咲ガニは、昆布の生えている海域に生息するため、「コンブガニ」という名称もあります。

 

 

味は大味と言われる方もいますが、脚の肉は太く身もしっかり詰まっています。

 

油分が多く味は濃厚で、独特の甘い香りがあります。

 

脚のぶつ切りを味噌汁に入れた「鉄砲汁」などは美味です。

 

 

年間通じて、ごくわずかしか獲れないので、普通は北海道でしかたべられない、
幻の貴重な蟹です。

 

花咲きガニ

 

花咲ガニのメスは、内子(卵巣)と外子(卵)が絶品です。

 

お好みで甲羅でカニ味噌とカニ肉や内子外子をからめたり、
甲羅にカニ味噌だけを残し日本酒と合わせても最高です。

 

昆布をよく食べるので、カニ身がとてもジューシーです。

 

 

オスは、メスのように栄養が内子・外子の卵に行かない分、
身にたっぷりと栄養がまわり、身がとても濃厚です。

 

オスとメスで味や食べ方が違いますので、是非、どちらの味も堪能してみて下さい。

 

食べ方としては、殻が硬くトゲも多いので、キッチンバサミを使うことをお薦めします。

 

花咲ガニが半解凍ぐらいの状態で、胴体から脚をキッチンバサミで切り離します。

 

甲羅は、ふんどし(おしり)のほうから開き、爪・脚の部位は「トゲの少ない面」
をハサミで切っておめしあがりください。

 

 

あなたが、まだ食べたことがないのなら是非食べてみて下さい。

 

絶対に損はありません。

 

しかし、花咲ガニを扱う通販サイトが、あまりありません。

 

私ここのサイトからいつも購入しています。

 

花咲蟹花咲蟹の注文はコチラ

 

 

siteトップへ


page トップ