カナダ産の蟹

カナダはズワイガニの世界三大漁場の一つです。

カナダ産のカニ

カナダ産のカニ

世界中のグルメが知っているカナダ産のズワイガニ

カナダ産のズワイガニの出荷量は世界の半数を超えます。

 

カナダのニューブラウンズイック州東部セントローレンス湾で漁獲されるズワイガニは厳格な自然環境維持と漁獲規制の下、
世界中の一流調理人や美食家に愛される、宝物のような最良質のズワイガニが漁獲されます。

 

カナダのカニは大西洋側のニューファウンドランド島近辺やセントローレンス湾でほとんど獲れます。

 

4月に漁が解禁されますが、4月でもまだ雪に覆われている寒い地域です。
東カナダ・大西洋の本ズワイガニ漁場は、40区間ほどに区分されていて、それぞれ漁期が違います。

 

全体では早春から晩秋までです。
6月頃に旬を迎え、水揚げされたズワイガニは、現地で茹で上げ急速冷凍し加工されます。

カナダ産のかになら【イチボシ・クラブス】です。
【イチボシ・クラブス】は、カナダに自社加工場を持つ日本唯一のかに専門通販会社です。

 

【イチボシ・クラブス】では、カナダで漁獲された新鮮なズワイガニを独自技術の瞬間に冷凍することで、鮮度を閉じ込めます。

 

瞬間凍結されたかには、日本国内をはじめ、アメリカなど世界各国に輸出されています。
日本国内では、北陸エリアの旅館や高級料亭にクラブスブランドとして販売されています。

 

カナダ産のかにカナダ産ブランド蟹を全国送料無料でお届け【イチボシ・クラブス】

カナダでは、法律で雄ガニしか獲ることができません。
雌ガニは獲る事を禁止されていて、雄ガニでも甲羅の幅が95mm以上と決められています。

 

甲羅の幅が12センチ以上もあるようなカニは大きくなるまでに脱皮を繰り返し、
8年から9年以上の歳月がかかるといわれています。

 

カナダ政府は、貴重な天然資源の保護と共存のために漁獲量を厳しく管理しているのです。

 

カナダ産のズワイガニは、肩の先や足の先にも身が入っていて、
見た目も大きく脚も太いのが特徴です。
生でも安全でおいしいのがカナダ産ズワイガニです。

 

料理に応用しやすく、甘味がありとても美味しいことで有名です。

 

料理方法としては、蟹しゃぶで食べる人が多いようですが、ボイルしたものを丸ごと食べたり、
茶わん蒸しやカニコロッケとしても応用が利きます。

 

カニ味噌も美味しく、プリプリな身と濃厚なカニ味噌が自慢です。
サラダにしても美味しいです。

 

蟹の身入りの見分け方ですが、100%とは言えませんが、
蟹のお腹の白い方の部分が、蟹の身の色と同じピンク色になっているカニが身が詰まっています。

 

蟹の美味しさは、冷凍方法も重要な決め手です。
美味しく茹でたカニを、カニの細胞を壊さないで急速でギュッと凍結されているかが大事です。
冷凍に時間がかかると、カニの身やカニ味噌にパサツキ、雑味が感じられるようになってしまいます。

 

現在では、従来の冷凍庫式の凍結方法ではなく、
急速瞬間凍結できる「窒素ガス凍結」が多く採用されています。

 

その凍結方法ですと、カニ身の細胞を壊すことなく、カニ本来の旨味、甘みを逃がさずに、
まるごと閉じ込める事ができます。

 

カナダ産カニは日本海沿岸で獲れた蟹とは、また違う良さがあります。

 

カナダ産でも最上級の漁場、ガルフと呼ばれる特定の水域で獲れるカニが甘味が十分で
最高と言われています。

 

カナダ産のかにカナダ産ブランド蟹を全国送料無料でお届け【イチボシ・クラブス】

 

カニ通販お取り寄せカニ通販ランキング:TOPページ


page トップ